「SEO部長」へようこそ

当サイトはSEOについての情報サイトです。

SEOという言葉自体の認知度は高いものの、それに関連するキーワードについてはあまり知られていないことが多いです。

曖昧な知識でのSEO対策は反って順位を下げる原因になりますので、当サイトを使って様々な用語を知ってみて下さい。

そして正しい知識で正しい対策を行い、順位アップを目指しましょう!

キーワード出現頻度
1ページ内にそのキーワードがどれくらいの割合で使われているかを表す数値です。

サイトマップ
文字通りサイトのマップ(地図)のことです。

ソーシャルメディア
利用者自身が情報発信をすることができ、発信された情報に対して利用者相互間で情報交換を行う情報媒体のことを言います。

セッション
アクセス解析の際に使われる用語の一つで、ビジットとも言われ、訪問者数のことを指します。

スマホにおけるseo

パソコンの様に表示できる情報量も多くはなく限られている事から、スマホこそseoをする必要があるのではないか、と考える人もいる様です。パソコンを持っておらずスマホですべて行っているユーザーに対してもseoをするとアピールする事ができます。

webサイトについては、PC用とスマホ用の両方を運営しているという人も多い様ですがseoについてもスマホを見忘れない様にしましょう。これからもスマホを活用する人が減るという事はしばらく考えにくいためseoを行うと、メリットも多いかと思われます。スマホにおけるseoについては、対策を専門としている会社に相談する事によって、行ってもらう事ができます。

ただ、本当のところはスマフォであろうが、PCであろうがseoで行うことは同じではあります。スマフォだからコンテンツを少なくしましたでは絶対順位があがることはありません。ただ、ホームページ制作会社の中にはスマフォ対応と称してコンテンツを少なくすることを進めている会社もありますから注意が必要です。

検索エンジンの順位とseo

時にはseoをしていると、順位が少し程度変化する程度であまり大きな変化がないという事もあるかと思われますが、場合によってはseoを行っていると、大幅に順位が変化するという事も考えられます。

するかしないかではなくてseoは対策の内容も重要になってきます。しっかりとseoをしているにも関わらず、順位が大きく下がってしまった場合、その施策の中に何か原因があるかもしれません。

もし、そうなってしまった場合には、それをバネとしてseoを行う事で、以前より高い順位を目指しましょう。もし、どうしても自分一人だけでは手に負えないと感じる様であれば、プロの力を借りる事で、良くなる事もあるかと思われます。

手におえない場合が多いのがほとんどですので実際問題としては誠意のあるseo会社に予め依頼することをおすすめします。また、現在のgoogleのアルゴリズムはAI搭載のRankBrainがコントロールしていますので人間が行っている施策はほとんど理解していると思った方がいいでしょう。

seoの情報はすぐに陳腐化します

seoの情報サイトの多くはアメリカのgoogleのサーチクオリティチームのメンバーがああいった、こういったとうものがほとんどです。これはこれでいいのですが、この情報をもとにどのような対策をおこなうのか?が問題になります。その前、本当のことをいっているのか、googleのビジネスを代弁しているのかとうことは考えて発言を消化する必要はあります。

多くの場合、こうしたらいいということはあまり書かれていません。実際に書いてしまうと嘘になる場合もありますし、わからないからかもしれません。

ではどうしてこのような情報をseo会社が配信するのか?それは自分たちの運営しているサイトのコンテンツを作るためのネタとしては最適であるためです。今のgoogleのアルゴリズムはコンテンツ重視ですので、ある程度頻度でいろいろなseoに関することを書くには何もなしで非常につらいのです。ただ、これがすべてではなく、当然その情報を配信していろいろな方のためになりたいという側面もあるでしょう。

コンテンツseoのメリット

コンテンツseoのメリットとしてgoogleのアルゴリズム変動にロバストであることが挙げられます。アルゴリズム変動に強いため、テクニックに頼ったseoよりもいいと思います。テクニックはテクニックで利用してもいいとは思いますが、コンテンツは十分にあることが望ましいと思います。

また、コンテンツseoの場合、複合キーワードにも強く、多くのキーワードで上位に表示されます。これをロングテールというのですが、これは非常にメリットがあり、コンテンツをしっかり描くことで商品、サービスのブランディングに役立ちます。

seo対策もあわせて進化が必要

googleの検索アルゴリズムは日々改良が加えられて、日々進化しています。最近のseo絡みの大きなニュースといえば、検索エンジンのアルゴリズムにAIが取り入れられるようになったことです。

このことから、検索エンジンはユーザーが検索したキーワードに合致するサイトの情報を返すといったレベルのものではなくなり、ユーザーがどのような経緯でこのキーワードを入力したのかなどを学習して、その学習した結果を反映したうえで検索結果として返すようになりました。このようにして日々どんどん新しくなっていくことから、seo対策もこれで終わりといったものではなくなります。

seoを活用してgoogle検索で上位にあがる

ブロガーやインスタグラマーなど、SNSを利用する人たちがどんどん増えていくと、どうにかして多くのサイトの中から自分のサイトやページを見つけて欲しいと考えます。そういう時に一役かってくれるのがseoです。

基本的にはユーザーにとって有益なコンテンツを運営することで多くの人が見てくれるものになるのですが、どうしたらseoをうまく活用できるのかを解説した本も多く出ていますし、それがビジネスとしなっているのは事実です。例えばgoogleで大阪と入力すると、大阪市や駅などをメジャーな場所でなく違うコンテンツが最初に検索できるのです。

どうすればseoができるのか

ブログなど自身のサイトをお持ちの方は今や少なくないかと思います。企業でも自社サイトを持つのは今や当たり前ですよね。そうしたサイトをせっかく立ち上げても閲覧数が一向に伸びないという事態があります。

そういた問題を解決するにはseo対策を行うしかありません。例えば大阪と検索した時に上位に表示されるサイトが見られる確率が高いように、自身のサイトも上位に表示されるようにすると閲覧数が伸びます。

具体的な対策としては、どういったキーワードで検索されるかを想定して自身のサイト名などにその単語を入れるかというものがあります。上の例で言えば、大阪という単語が入っているほうが有利です。

googleでのseo対策の重要性

検索エンジン最適化という意味を表す用語として、seoという言葉があります。インターネットで何かを調べるとき、一般的にはgoogleなどの検索エンジンを通して、検索結果の上から順にページを閲覧していきます。

特定のページを検索上位に表示されるよう工夫をすることで、閲覧数を増やそうという取り組みのことをseo対策と呼びます。大阪ではこうした対策を請け負っている会社があります。スマートフォンの普及率は、6割から7割という調査結果が出ています。それだけ多くの人が当たり前にインターネットを使う現代にある訳ですから、こうした対策は非常に重要な意味をもっています。