キーワード出現頻度

1ページ内にそのキーワードがどれくらいの割合で使われているかを表す数値です。
計算式は下記のようになります。

計測したいキーワードの1ページ当たりの出現回数 ÷ WEBページ1ページ当たりの総単語数 × 100

キーワード出現頻度が高いページは過剰なSEO対策を施している(キーワードを強調し過ぎている)と判断されてしまい、そのキーワードで検索した際の検索結果順位が著しく下落してしまうことがあります。

逆に、キーワード出現頻度が低いページは「そのページにとってそのキーワードは重要でない」と判断されてしまい、そのキーワードで検索しても全く検索結果に表示されないことになります。
(キーワードによってはそれでも上位表示される場合もありますが)

キーワード出現頻度は5%程度が最適ということが多くの書籍やインターネット上の情報で掲載されていますが、検索結果の順番を決めるアルゴリズムは常に変更されておりますので、例えば3年前に5%が最適だったとしても現在も全く同じだとは限りません。

いずれにせよ過剰なキーワードの掲載、羅列はペナルティの対象になるということです。

少しずつ学ぶSeo

いきなりSeoのすべてを身に付けようとしても、Seoは奥が深く、また幅が広いのでなかなか難しい事もあるかと思われます。そのため、Seoについては少しずつ学ぶのもいいかと思われます。やはりSeoは時間をかけて行うものですので、焦ってもいい結果が得られるか分かりません。

時としてSeoは、かなり地道な作業の連続になる事さえある様です。また、すでにこの分野については詳しいという人であったとしても、最新の状況について学んでいないと、だんだん最新の対策ができなくなり、順位も追いつかなくなってしまう事もあるかと思われます。スムーズに順位がアップしている場合であったとしても、油断をする事はできないでしょう。

seo対策に必須なgoogleアナリティクス

ブログやサイトでseo対策を講じるなら、googleアナリティクスの導入は必須です。たとえばfc2の無料ブログであればアクセス解析のプラグインがありますが、他のブログサービスでは存在しない場合もあります。

PV・セッション数・新規ユーザーや直帰率といった、seoにおいて基本的なアクセス数にまつわるデータから、地域やOS・デバイスごとなど、アクセス元を割り出したり、長期的に監視することによって、サイト・ブログの成長度合いは元より、どういったコンテンツが需要として求められているのか、という根本的な分析の重要な材料となります。

試行錯誤を行うSeoとホームページ制作

自分だけではなく、ライバルも熱心にSeoとホームページ制作を行っていますので、すぐに思う様に集客ができて、売り上げにつながるかと言えば、必ずしもそうとは言えない事もあります。

そんな時には、Seoとホームページ制作について試行錯誤を行ってはどうでしょうか。少しずつ理想としているSeoとホームページ制作に近づく事ができればいいでしょう。また、外注先にSeoとホームページ制作の代行を頼んでいる場合でも、相談の上で今後の方向性を変えたりする事もあるでしょう。また、Seoとホームページ制作というのは、時代と共に変化している部分もありますので、その点を踏まえ考えてみるといいでしょう。

異なるスキルが必要なSeoとホームページ制作

すでに多くの人が知っている様にSeoとホームページ制作というのは、共通したスキルが求められる部分もありますが、Seoとホームページ制作というのは異なるものです。ホームページ制作に詳しいと、Seoについても理解しやすいという事が予想されますが、ホームページ制作とSeoにはそれぞれ異なる部分もあります。

Seoとホームページ制作の両方をできる様になりたい場合には、どちらも奥が深いので、学ぶのに時間が必要になる事もあります。習得したい人や、プロとして仕事をしたいと考えている人は、一つずつ積み重ねていく事が大事ではないでしょうか。専門分野を学び続ける事は、スキルを高めるのに役立つでしょう。

Seoやホームページ制作で結果が出ない時

もし、Seoやホームページ制作を行ってすぐにコンバージョンレートの目標を達成する事ができればいいですが、難しい事もあります。また、Seoやホームページ制作で常に数字を出し続ける事は容易ではありません。

しかし、だからと言って、Seoやホームページ制作で結果が出ない時に諦める必要はありません。Seoやホームページ制作で、問題や課題となっている箇所があれば、改善を試みる事によって、また状況が変化する事もあります。

そして、Seoやホームページ制作は一時的に成功すればいいものではなくて、長期的に結果を出し続ける事が大事となります。そのため、結果が出ていない時でも諦める事なく、頑張る事が大事です。

seoに関する記事