タイムチャージ制の弁護士

法律相談を弁護士に持ちかけると、タイムチャージ制で支払い金額が決定する事もあります。タイムチャージ制は、弁護士の業務が完了するまでにどのくらいの時間がかかったかという事によって支払う金額が異なってきます。

裁判が長引くなどしてしまうと、かなりの期間が必要になってきたりもしますので、その時は支払う金額も多くなってしまいます。依頼者と面接をしている間はもちろん、更に知らない間に処理を行ってくれているものも含まれます。

ですので、初めてでいきなり金額が増えてしまうのが怖いという人は、別の課金制度でお願いするのもいいかもしれませんね。弁護士に相談する時は料金の課金方法についても知りたいですね。