会社設立で生き残る

現在適応されている法律によると、会社設立は容易に行う事ができ、特に金銭面におけるハードルが低くなり、学生でも手が届く事もある様です。

しかし、大事なのは会社を立ち上げる事ではなくて、会社の経営を長く続かせるという事です。会社設立を行っても、数年も経たない間に倒産してしまう会社もあります。

また、続かない原因としてはいくらか考えられますが、売上が伸びないという事が大きな原因として考えられます。

次に売上の多くを占めている取引先が倒産してしまい、売上が急激に減り倒産となるケースもあります。他にも、用意した資本が少なすぎたという場合や、経営者の経営放漫などが考えられます。